上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P6205221_convert_20100830113807.jpg

箱にタロウがいます。
横の箱で、小さな灰色がこっちを見てる。



P6295276_convert_20100830114002.jpg
お昼寝中のタロウの横に、小さな灰色がくっついてる。



P6235241_convert_20100830113829.jpg
大きな灰色と小さな灰色がこっちを見ている。



P6295249_convert_20100830113852.jpg
小さな灰色の正体は、
ロシアンブルーの女の子、リリーです。

ずっと前から女の子のロシアンをお迎えしたかったのですが、
タロウの傷も完全に治ってない今はその時ではないと思っていました。
なのに、なのに、
マリーに引き続き、またもや夫が一目惚れをしてお迎えする事になりました。

キリッとしたロシアンスマイル、奇妙とも言える宇宙人のような容貌、
すべてが彼の理想通りだったのです。
夫が決めたら、どんな言葉でもやめさせる事ができません・・。



P7095358_convert_20100830114041.jpg
リリーとつるむ、タロウ。

リリーをお迎えして2ヶ月ほど。
マリーがしっかりした猫だったので、とっても大変でした。
でも、それだけの価値がありました。

タロウとリリーは、とても気があうのです。
遊び方も一緒、興奮するポイントも一緒、遊ぶのが大好きなロシアン2匹。
一番の遊び仲間になって、タロウは子ども時代を取り戻しました。
タロウは今までで一番、やんちゃで楽しそうです。



これから先に、タロウの傷の様子があります。
少しだけなまなましい写真ですので、血が苦手な方は見ない方がいいかと思います。
(といっても、血だらけとかじゃないですよ~)
ここに記事をのせる事で、同じ悩みを持つ飼い主さんの参考になれば思い、
のせる事にしました。

本当は追記の編集にかいてるんですが、クリックしたら表示にならないので、そのままでちゃうんです。
なぜ?(;へ:)











タロウの経過




P5034902_convert_20100830113618.jpg
かかと側。

P5034903_convert_20100830113727.jpg
かかと側をおおう為に巻いていた包帯ですれて、前側もあっという間に大きな傷になりました。
ひどい時には、あと数ミリで、前の傷と後ろの傷が一緒になりそうでした。

今の病院に通う前の傷です。
これが一年以上続きました。
これに軟膏を塗り、包帯を巻いていたので、蒸れてしまうのか、
傷の治りは一進一退といった感じでした。



P6025194_convert_20100830113748.jpg

これが今のかかと側の傷です。
時々ざらざらした舌でなめてしまうと血がでますが、包帯は巻かずカラーもしないでそのままです。
直径は6~8ミリほど。
今の病院に変えてからすぐに、前側の傷は治ってしまいました。

治らなかった分だけ、なおるのに時間はかかる。
あと少しのところでなかなか完全には治りませんが、もう一踏ん張り。
ゴールが見えてきました。
タロウのがんばりと、みなさんの応援のおかげです!
もう少し、タロウは頑張ります!



いつも遊びに来てくださってありがとうございます。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多種飼いへ
スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。